子供用メガネの保険適用について
助成対象者

健康保険に加入されていること
9歳未満で、「斜視・弱視・先天性白内障術後」等の治療に必要と医師が判断し、処方した眼鏡であること
5歳未満で、前回の適応から1年以上経過していること
5歳以上で、前回の適応から2年以上経過していること

申請方法

まず、ご加入の健康保険へお問い合わせいただき(連絡先は保険証に記載されています)
必要書類を揃えて申請してください。
健康保険より支給された後、乳幼児医療等に該当されている方は、支給分をお住まいの自治体に
お問合せ・申請してください。

健康保険(社会保険・国民健康保険など)
≪必要書類≫
①治療用眼鏡等作成指示書(眼科で眼鏡を作るときにもらう処方せん)
② 眼鏡の領収書
③ 療養費支給申請書(ご加入の健康保険申請窓口にあります)
④ 処方せんのコピー
⑤ 銀行通帳(助成金受取り用口座番号)
⑥ 印 鑑

※「作成指示書」、「医療費控除用処方箋」、「診断書」等の証明書類については、「眼鏡が医師の診断のもと作成された」ということを示す必要があるため、領収書の日付よりも前(もしくは同日)に発行されていることが条件とされています。
※乳幼児医療は、支給決定通知書や各書類のコピーが必要になります。事前に用意しておきましょう。

基準額

児童福祉法の規定に基づく補装具の種目「弱視眼鏡(36,700 円)」× 1.048 を支給の上限、
つまり「支給対象とする眼鏡の購入価格の上限とする」と定められています。

給付金

通常の保険と同様、購入金額の7割が給付額として適用されます。
購入された眼鏡が基準額以下の場合は、購入金額の7割が給付額。
購入された眼鏡が基準額の上限(38,461円)を超える場合、一律26,922円となります。
※ただし、3歳未満のお子様ですと、2割負担になる場合もございます。

給付額計算方法